大阪で自由気ままに生きる道(別館)

会社員を卒業してフリーランスとなった、大阪在住の40代のITコンサルタント(男)です。現在は、本業であるコンサルティング仕事をなるべく減らし、さまざまなことに挑戦しています。仕事やフリーランス活動のネタをはじめ、社会・経済・スポーツ・日常生活で感じたことなど、自由気ままに書いてる雑記ブログです。よろしくお願いします。

自分の投資方針を明確に…投資を成功させるためのコツ!

ダラダラと長引くコロナ禍。

 

そのような中、会社員、自営業を問わず、生活に苦しむ人が増えてきたように感じます。

 

倒産、失業、売上激減、給料カット、人員削減…などなど。

 

これに対して、住宅ローン教育費など、ほとんどの支出は待ってはくれません。

 

資金繰りの悪化は深刻な問題です。

 

そこで、

 

副業として投資を始めたい!

 

という発想になるわけですが…。

 

最近、仕事柄、私もこの手の相談を受けることが本当に増えてきました。

 

 

・不動産投資を始めて、不労所得を得たい

株式投資ですぐにリターンを得たい

・ブログの広告収入で定期的に収入を得たい

 

気持ちは分かるのですが、ぶっちゃけ、どれも、そんなに簡単に成功するものではありません。

 

今から投資を始める人はまだいいんですが、すでに実践してうまくいかなかった人の話を聞くと、ひとつの共通点が見えてきます。

 

それは…

 

”投資に感情を持ち込んでいる”

 

という点です。

 

”感情豊かなのはいいことじゃないか?”

 

そう思う人も多いでしょう。

 

しかし、投資は

 

「感情よりも理性」

 

つまり、自分なりの投資方針・ルールをきちんと定めておくことが重要なんです。

 

例えば、不動産投資。

 

「今すぐに物件がほしい」

「私はこの物件(場所)が好きなのでこれがほしい」

 

これらはあなたの主観的な基準であって、他の人が気に入るかどうかは不明です。

 

例えば、私は田舎の土地・物件が好きなんですが、そのような物件を不動産投資として購入してしまうと、人口減少の中、空室リスクに悩まされることになります。

 

大阪で言えば、堺市クラスでも怪しいかもしれません。

 

環状線の内側とか、駅から徒歩5分圏内とか、自転車置き場付きとか、明確な基準を決めておくことが重要です。

 

私は複数の物件を所有していて、ここ数年、ずっと満室経営を続けています。

 

しかし、どの物件も、私が住みたい場所ではないのです。

 

株式やFXなどの金融投資も同様です。

 

いくら値下がりしたら、損切りする(諦める)というルールを最初から設定しておくことが重要なんです。

 

好きな会社の株を買って株主優待を狙うとか、何十年単位の長期投資が目的というのであれば、それもいいでしょう。

 

その代わり、この場合、短期的な変動は許容しなければなりません。

 

結婚やマイホーム購入は、投資ではありません。(マイホームは賛否両論ありますが。)

 

このため、個人の感情・意見を思いっきり移入すればよいでしょう。

 

しかし、リターンを狙う投資であれば、心を鬼にして、基準やルールを明確にすることが重要なんだと改めて思っています。